Yae Live 2019

Yae/越田 太郎丸/吉岡 由貴

yae live 2019

藤本敏夫を父に、加藤登紀子を母に生まれたYaeのライブ。「半農半歌手」として活動をつづける。

名も知らぬ花のように (TBS 開局 60 周年記念ドラマ 挿入歌)
ロマンスをもう一度 (小田急ロマンスカー CM ソング)
など…

Yae Live 2019

Yae/越田 太郎丸/吉岡 由貴

一般 前売り ¥4,000
当日 ¥4,500

販売中

アーティスト紹介

Yae:シンガーソングライター

Website
Wikipedia
(やえ)
Website
Wikipedia

東京生まれ。故藤本敏夫/歌手加藤登紀子の次女。

2001年に歌手デビュー。

小田急ロマンスカーTVCMソング「ロマンスをもう一度」をはじめ、数々のCMソングや、ディズニー映画「くまのプーさん」のテーマ曲、挿入曲も歌唱する。

また、NHK「みんなのうた」で作詞、作曲も手がけ、ゲーム「ファイナルファンタジークリスタルクロニクル」の主題歌、ナレーションを担当。

Yaeの「名も知らぬ花のように」が、日本ユニセフ協会の東北大震災応援メッセージCM「ハッピーバースデイ3.11」と、2015TBSテレビ60周年企画ドラマ松嶋菜々子主演「レッドクロス~女たちの赤紙」の挿入歌として放送され大きな反響を呼び、iTunesワールドカテゴリーの1位を獲得した。

また、2011年1月から福島県飯館村「までい大使」として、メッセージを発信し続けている。

そして、海外ではキューバの音楽祭、サンフランシスコでの世界平和音楽祭にも招待され、存在感溢れる「声」は、国内外ともに多くのオーディエンスを魅了する。

現在、5人家族と共に千葉県鴨川市にある、自然豊かな里山「鴨川自然王国」で、農を取り入れたスローライフを送り、テレビ出演や「渋谷のラジオ」や「ラジオ関西」のパーソナリティーも務めながらライブ中心に活躍中。

 

<タイアップ>

2001年 テレビ朝日系「素敵な宇宙船地球号」エンディングテーマ曲『風のみち』

2003年 映画「13階段」エンディングテーマ/映画「NITABOH」主題歌

     人気ゲームソフト「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」の主題歌及びナレーション担当

    NHKみんなのうた「名もなき君へ」

2004年 NHK BS-hi「美しき日本 百の風景」テーマ曲『大地』

2007年 映画「イノセントワールド」エンディングテーマ曲『知道不知道』

2009年  BS朝日「アファンの森の物語」エンディングテーマ曲『400年も昔から』

2010年 ドキュメンタリー映画「つ・む・ぐ」テーマ曲『あいをよるおもいをつむぐ』

2011年 ウォルトディズニー生誕110周年記念作品ディズニー映画「くまのプーさん」テーマ曲・挿入歌

2015年 BSテレビ60周年企画ドラマ 松嶋菜々子主演「レッドクロス~女たちの赤紙」挿入歌

2017年  NHK BSプレミアム「ホタル前線北上の旅 蛍火が照らす美しき日本」挿入歌

 

TV

2007~2010年 NHK総合テレビ「産地発!たべもの一直線」レギュラー出演

2010年 NHK BS-2Mi Do Ri」レギュラー出演

 

<ラジオ> レギュラー番組

2001~2005年 FM京都α-stationYaeNew Aeon

2006~2010年 FM福岡 Yaeの大切なもの」他

2008年~ ラジオ関西  加藤登紀子の地球に乾杯

2017年~ 渋谷のラジオ サラヤ渋谷支社ソーシャルデザイン部

 

CM

2002年 パイオニアTV-CMソング ショパンの『別れの曲』

2003年 キッコーマンTV-CMソング『恋の花』

2004年 西日本銀行CMソング『さくらんぼの実る頃』

2005年 ネクシーズCMソング『恋する空』出演

2007~2010年 神明TV・ラジオ・CMソング『朧月夜』

2012年~ 日本ユニセフ協会メッセージCM「ハッピーバースデイ3.11」 CMソング『名も知らぬ花のように』

2013年~ 小田急ロマンスカーTV・ラジオCMソング『ロマンスをもう一度

2018年~ ネピア「千のトイレプロジェクト」ムービー『その日まで』

2018年~ 群言堂「MeDuCMソング『名も知らぬ花のように』

      群言堂 ブランドCMソング『くらしのね

 

ソーシャルアクション>

2007年~ 種まき大作戦「土と平和の祭典」実行委員長 

2011年~ 福島県 飯館村 『までい大使』

2018年~ 環境省「つなげよう、支えよう森里川海アンバサダー」

越田 太郎丸:ギター

ブログ
(こしだ たろま)
ブログ

9歳からギターを始める。大学時代より各種イベント に出演。

ボサノバとクラブミュージックを融合させたユニット『Prismatica』のギタリストとして1997 年にCDデビューしベスト盤を含む7枚のアルバムをリリース。

アントニオ・カルロス・ジョビン、トニーニョ・オルタ、 ジョアン・ボスコ、など主にブラジルのアーティストか ら作曲、編曲、奏法の影響を受けブラジル音楽を軸に演奏活動を展開。

ギター以外にカバキーニョ、チャランゴ、ウクレレ、フラットマンドリンなども演奏。

ブラジル音楽をこよなく愛するも、その活動は多岐に渡り、 これまでに中森明菜、岩崎宏美、辛島美登里、姿月あ さと、遊佐未森、石丸幹二、香寿たつき、葉加瀬太郎、 Jazztronik、coba、Le Velvets、瀬木貴将、 NAOTO、ウェイウェイウー、Yae、中孝介、城南海(順不同)など様々なアーティストのライブサポートやレコーディングに参加。

最新作はギター独奏によるフルアルバム『Twenty Years/越田太郎丸』(2018 年 6 月 リリース)

越田太郎丸(こしだたろま)は本名。

吉岡 由貴

吉岡 由貴:ピアノ

Facebook
(よしおか ゆき)
Facebook

国立音楽大学ピアノ専攻卒業。
ソロ演奏のほか「みはま童謡のつどい」伴奏者を20年務め、 声楽家の伴奏やコーラスの指導、ピアノ指導などを行う。

その傍ら、幼稚園 での音楽指導や小学校音楽の特別非常勤講師などを経て千葉市福祉事業の生きがい教養講座講師。市内各地で歌の講座や、初級ゆる体操講座を開催している。日本ゆる協会公認準指導員一級。

音楽スタジオ「稲毛音楽室」主催。