高木竜馬ピアノコンサート 音楽室のクリスマス

髙木 竜馬

あの感動が帰ってくる。高木竜馬がクリスマスに贈る世界を魅了した輝きの数々。

グリーグ国際ピアノコンクール優勝・聴衆賞受賞ピアニスト
高木竜馬がクリスマスに贈る、コンクール受賞曲の数々。

こちら にて、前回公演のCD音源を販売しておりますので、是非ともお買い求めください。

プログラム

  • E.H. グリーグ / 7つの抒情小品集 作品71より
    第1番 ホ短調《その昔》
    E.H. Grieg / “From Early Years” from Edvard Hagerup:Lyriske smastykker No.10 Op.71
  • 第2番 変ニ長調《夏の夕べ》
    E.H. Grieg / “Melancholy” from Edvard Hagerup:Lyriske smastykker No.10 Op.71
  • M.P.ムソルグスキー / 展覧会の絵
    M.P. Mussorgsky / Pictures at an Exhibition
  • F.F.ショパン / エチュード 作品25より
    木枯らし
    F.F. Chopin / Étude op.25 nº 11
    バラード 第4番 へ短調 作品52
    F.F. Chopin / Ballade no.4 f-moll Op.52
  • プロコフィエフ / ソナタ第7番
    Prokofiev / Sonata for piano No.7 B-Dur Op.83
  • ドビュッシー / 映像 第1集より
    水の反映
    Debussy / Reflets dans l’eau
  • 運動
    Debussy / Mouvement

など

高木竜馬ピアノコンサート 音楽室のクリスマス

髙木 竜馬

一般 ¥4,000
小人 ¥2,000

23日公演分、24日公演分、両日ともに完売いたしました。

たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

アーティスト紹介

髙木 竜馬:ピアノ

twitter
(たかぎ りょうま)
twitter

1992年千葉県生まれ、25 歳。


2歳よりピアノを始め7歳より故エレーナ・アシュケナージ女史に師事。16 歳より故中村紘子、ミヒャエル・クリスト各氏に、22 歳よりボリス・ペトルシャンスキー氏に師事する。渋谷幕張高校在学中に、ウィーン国立音楽大学コンサートピアノ科に首席で合格。現在、同大大学院に在籍し、ミヒャエル・クリスト氏よりドイツ奏法を学ぶ。ゲインリッヒ・ネイガウス最後の高弟として、世界的に著名な名伯楽ボリス・ペトルシャンスキー氏の招聘を受け、イタリアの名門、イモラ国際ピアノアカデミー本科に併修。ロシア奏法の本流ネイガウス楽派の研鑽に励む。

海外では、ウィーン楽友協会大ホール(黄金のホール)を初め、モスクワ音楽院大ホール、ローマヴァッレ歌劇場、ヤロスラブリハーモニアホール、ウクライナ国立フィルハーモニアホール、キエフ国立オペラ座、モスクワクレムリン宮殿、ミュンヘンガスタイクホール、ウィーン楽友協会、ウィーンコンツェルトハウス、シェーンブルン宮殿、ローマキリノ劇場など、著名なホールに招かれる。国内では、ミューザ川崎シンフォニーホール、サントリーホールなどで演奏。東京交響楽団、群馬交響楽団、東京フィルなど数々のオーケストラと共演。現在は日本とウィーンを拠点に演奏活動を続ける。

これまでに、奥田操、M. アルゲリッチ、A.ヴァルディ、T.ゼリクマン、D. タイ・ソン、D. ヨッフェ、V. トロップ、S. ハフ、S. ドレンスキー、A. ピサレフ、P. ネルセシアン各氏から薫陶を受ける。音楽学を三ツ石潤司氏に師事。指揮法は、小澤征爾氏からレッスンを受け、現在はウィーン国立音楽大学で湯浅勇治氏に師事する。

ウィーン国立音大(M.クリスト教授)イモラ国際ピアノアカデミー(B.ペトルシャンスキー教授)渋幕26期/ 第26回ローマ国際など、7つの国際コンクールで優勝。第35回 江副記念財団奨学生。

 

日本チャイコフスキーコンクール、モスクワネイガウスフェスティバル、国際ピアノコンペティション“ローマ 2004”、キエフホロヴィッツ国際ピアノコンクールで各々優勝。浜松国際ピアノアカデミーコンクールで第1位に輝く。第 26 回ローマ国際ピアノコンクールにて優勝を飾る。第 16 回グリーグ国際ピアノコンクール優勝並びに聴衆賞受賞。